いにしえの回廊
メニュー
文字サイズ
文字サイズ小
文字サイズ中
文字サイズ大

壬生城跡

みぶじょうあと

壬生城跡

壬生町立歴史民俗資料館提供

区分/種別
指定なし
所在地
壬生町本丸1丁目(壬生町城址公園)
時代
近世-江戸時代
ルート
聖地日光へつづく道
文化財概要

寛正3(1462)年、壬生綱重(みぶ つなしげ)によって築かれる。壬生氏没落後は城主が度々変わるも、正徳2(1712)年に鳥居忠英(とりい ただてる)が近江国水口(みなくち)から移ってくると、以後幕末まで鳥居家が壬生の地を治めた。徳川将軍家の日光への参拝(日光社参)の帰り道、四代将軍家綱までは壬生城が宿泊所となった。


地図を大きく表示