いにしえの回廊
メニュー
文字サイズ
文字サイズ小
文字サイズ中
文字サイズ大

那須国造碑

なすのくにのみやつこのひ

那須国造碑

区分/種別
国宝
所在地
大田原市湯津上
時代
飛鳥時代
ルート
都とみちのくをむすぶ東山道
文化財概要

文武4(700)年頃、那須直韋提(なすのあたいいで)の業績をたたえ、跡継ぎの意斯麻呂(おしまろ)らにより建立した日本三古碑のひとつ。長らく草むらの中に埋もれていたが、延宝4(1676)年に旅の僧円順と庄屋大金重貞によって発見された。天和3(1683)年には、重貞が記した『那須記』を領地であるこの地を訪れていた水戸藩主徳川光圀に献上し、世に知られるきっかけとなった。現在、笠石神社の御神体として祀られている。
※拝観料あり 拝観する際は、事前に予約のこと(TEL:0287−98−2501)


地図を大きく表示