いにしえの回廊
メニュー
文字サイズ
文字サイズ小
文字サイズ中
文字サイズ大

屏風岩石材 石蔵(西蔵・東蔵)

びょうぶいわせきざい いしぐら(にしぐら・ひがしぐら)

屏風岩石材 石蔵(西蔵・東蔵)

区分/種別
県指定-建造物
所在地
宇都宮市大谷町
時代
近現代-明治時代
ルート
近代化遺産からのメッセージ
文化財概要

西蔵(写真左)は明治41(1908)年竣工(しゅんこう)、東蔵は明治45(1912)年上棟が確認されている。西蔵は畳敷きの居住蔵、東蔵は穀物蔵として利用されていた。当時の店主で「大谷の石材王」と称された渡辺陳平(わたなべ ちんぺい)自ら設計。建設にあたっては、棟梁と石工を連れて東京などに建つ洋風建築を見て歩いたという。随所に見られる洋風デザインにその要素が見られる。
※内部は非公開のため、外観のみ見学可能。


地図を大きく表示