いにしえの回廊
メニュー
文字サイズ
文字サイズ小
文字サイズ中
文字サイズ大

高木会館

たかぎかいかん

高木会館

区分/種別
国登録-有形文化財
所在地
那須塩原市本町
(カフェ・ド・グランボワ)
時代
近現代-大正時代
ルート
近代化遺産からのメッセージ
文化財概要

大正7(1918)年、黒磯銀行本店として建築。頭取は黒磯出身の事業家である高木慶三郎。銀行廃業後は自らの会社を立ち上げ、戦後は高木一族の会館として利用された。外観正面は芦野石、側面と背面には大谷石を積み上げ、和洋折衷(わようせっちゅう)した独特の雰囲気が漂う。現在、建物はカフェレストランとして利用されている。


地図を大きく表示