いにしえの回廊
メニュー
文字サイズ
文字サイズ小
文字サイズ中
文字サイズ大

旧木村輸出織物工場・事務所棟

きゅうきむらゆしゅつおりものこうじょう・じむしょとう

旧木村輸出織物工場・事務所棟

区分/種別
県指定-建造物
所在地
足利市助戸仲町
時代
近現代-明治時代
ルート
近代化遺産からのメッセージ
文化財概要

工場棟は明治25(1892)年、事務所棟は明治44(1911)年に建築(足利織物記念館として見学可能。)。初代木村浅七(きむら あさしち)は国内向けの絹織物を製造していたが、明治13〜15年にかけての国内不況(松方デフレ)のあおりを受け、国内向けの絹織物から輸出絹織物へ転換。ここでつくられた織物製品は、主にインドやイランなど中東方面で売られた。明治期の足利織物を代表する工場であり、経済産業省「近代化産業遺産群」(両毛織物)に選ばれている。


地図を大きく表示