いにしえの回廊
メニュー
文字サイズ
文字サイズ小
文字サイズ中
文字サイズ大

カトリック松が峰教会

かとりっくまつがみねきょうかい

カトリック松が峰教会

区分/種別
国登録-有形文化財
所在地
宇都宮市松が峰1丁目
時代
近現代-昭和時代
ルート
近代化遺産からのメッセージ
文化財概要

明治21(1888)年、宇都宮天主公教会として創立。大谷石造りの聖堂は、スイス人建築家で北海道における「近代建築の開拓者」と称されたマックス・ヒンデルによる設計で、昭和7(1932)年竣工(しゅんこう)。古代から中世ロマネスク様式で石工職人により様々なデザインが施されている。大谷石建築としては、現存最大級の規模をほこる。


地図を大きく表示

411_catholic_matsugamine_YA3_9768.jpg