いにしえの回廊
メニュー
文字サイズ
文字サイズ小
文字サイズ中
文字サイズ大

飛山城跡

とびやまじょうあと

飛山城跡

区分/種別
国指定-史跡
所在地
宇都宮市竹下町(飛山城史跡公園)
時代
中世-鎌倉時代
ルート
都とみちのくをむすぶ東山道
文化財概要

鎌倉時代後期、芳賀氏が丘陵に築いた城。城跡から平安時代初期の集落跡が見つかり、そこから「烽家(とぶひや)」と書かれた土器(県指定文化財)が見つかっている。また、鬼怒川に突き出た丘陵地であることも関係し、ここに連絡のためののろし台があったと考えられている。国土交通省関東地方整備局「関東の富士見百景」に選ばれている。


地図を大きく表示

110_tobiyamajoato_YA3_9695.jpg

110_tobiyamajoato_bokushodoki.jpg

飛山城跡出土墨書土器(宇都宮市教育委員会提供)