いにしえの回廊ルート
メニュー
文字サイズ
文字サイズ小
文字サイズ中
文字サイズ大

トップページ | 近代化遺産からのメッセージ
ルート1

近代化遺産からのメッセージ

とちぎの近代化産業の記憶を受け継ぐ旅


歴史へのいざない

明治政府による殖産興業(しょくさんこうぎょう)政策は、栃木県においても産業の近代化を推し進めました。中でも足尾銅山での銅生産は日本の近代化を支え、20世紀初頭には日本の銅産出量の1/4を占めるほどの鉱山となりました。その一方で、足尾銅山から渡良瀬川(わたらせがわ)へ鉱毒が流出し、田中正造は被害を受けた農民たちと共にこの問題に立ち向かいました。
織物業は足利や群馬県の桐生で急速に発展し、海外へ輸出されました。宇都宮で採掘される大谷石は、帝国ホテルに使用され、関東大震災をきっかけに広く知られるようになりました。その石材運搬には、人が貸車(かしゃ)などを押す「人車鉄道(じんしゃてつどう)」が活躍しました。那須野が原開拓は、日本三大疏水(そすい)のひとつである那須疏水の通水とともに地元の結社・華族農場が数多く設立され、本州最大の農場群となりました。これらの産業や開拓を支えたのが鉄道でした。
栃木県の近代化は、日本における近代化の縮図ともいえます。これらは、わたしたちに様々な問題を問いかける文化遺産なのです。


地図を大きく表示

旧青木家那須別邸

国指定-重要文化財

旧青木家那須別邸

当時の外務大臣で那須野が原に自らの農場を所有していた青木周蔵(あおき しゅうぞう)が明治21(188...

旧下野煉化製造会社煉瓦窯

国指定-重要文化財

旧下野煉化製造会社煉瓦窯

明治22(1889)年に建造された十六角形の赤煉瓦窯。隣接する旧谷中村(現在は渡良瀬遊水池)から原料...

那須疏水旧取水施設

国指定-重要文化財

那須疏水旧取水施設

明治18(1885)年、那珂川の絶壁にトンネルを掘って造られた那須疏水の取水口。その後、明治38(1...

足尾銅山跡(通洞坑)

国指定-史跡

足尾銅山跡(通洞坑)

明治18(1885)年に開削(かいさく)をはじめ、11年をかけて完成。通洞坑は、全長1,200キロメ...

カトリック松が峰教会

国登録-有形文化財

カトリック松が峰教会

明治21(1888)年、宇都宮天主公教会として創立。大谷石造りの聖堂は、スイス人建築家で北海道におけ...

高木会館

国登録-有形文化財

高木会館

大正7(1918)年、黒磯銀行本店として建築。頭取は黒磯出身の事業家である高木慶三郎。銀行廃業後は自...

古河掛水倶楽部(旧館・新館)

国登録-有形文化財

古河掛水倶楽部(旧館・新館)

明治33(1899)年、足尾銅山を訪れる華族や政府高官の接待・宿舎として渡良瀬川沿いに建てられた洋館...

わたらせ渓谷鐵道・足尾駅

国登録-有形文化財

わたらせ渓谷鐵道・足尾駅

大正元(1912)年、足尾鉄道の駅開業にあわせて建築された木造平屋で、沿線では最大級の規模を誇る駅舎...

わたらせ渓谷鐵道・通洞駅

国登録-有形文化財

わたらせ渓谷鐵道・通洞駅

大正元(1912)年、足尾鉄道の駅開業にあわせて建築された木造平屋の駅舎。柱や梁(はり)が壁の表面に...

旧木村輸出織物工場・事務所棟

県指定-建造物

旧木村輸出織物工場・事務所棟

工場棟は明治25(1892)年、事務所棟は明治44(1911)年に建築(足利織物記念館として見学可能...

日光聖公会日光真光教会 礼拝堂

県指定-建造物

日光聖公会日光真光教会 礼拝堂

英国国教会に属し、1875(明治8)年に礼拝はおこなわれたのがはじまりとされる。現在の教会堂は、アメ...

屏風岩石材 石蔵(西蔵・東蔵)

県指定-建造物

屏風岩石材 石蔵(西蔵・東蔵)

西蔵(写真左)は明治41(1908)年竣工(しゅんこう)、東蔵は明治45(1912)年上棟が確認され...

田中正造旧宅

県指定-史跡

田中正造旧宅

田中正造の生家。平成5(1993)年一般公開され、地域の財産として大切に守られている。隠居所、母屋、...

常盤ヶ丘

市町指定

常盤ヶ丘

標高248.5メートルの赤松が生い茂る丘。中腹には、那須野が原開拓の功労者である矢板武(やいた たけ...

谷中村跡

指定なし

谷中村跡

明治39(1906)年、足尾鉱毒被害の防止策として遊水池をつくるため、藤岡町(現:栃木市藤岡町)に合...


ぶらり散策

織姫神社社殿

国登録-有形文化財

織姫神社社殿

宝永2(1705)年、機織(はたお)りの神様を祀り創建。社殿は明治13(1880)年に焼失するも、昭...

大山記念館洋館

県指定-建造物

大山記念館洋館

明治38(1905)年頃、元帥・大山巌が自らの農場に建築した素朴ながら重厚なレンガ造りの洋風の別荘。...

矢板武旧宅

市町指定

矢板武旧宅

那須野が原開拓の功労者である矢板武の屋敷。平成9(1997)年、矢板家から矢板市へ寄贈され、記念館と...


コラム

栃木の近代産業を支えた蚕糸業(さんしぎょう)

明治4(1871)年、国内の殖産興業(しょくさんこうぎょう)政策の先駆けとして、江戸日本橋の豪商川村伝左衛門(迂叟:うそう)が河内郡石井村(現:宇都宮市石井町)に養蚕・製糸工場を設立しました。迂叟は明治2(1869)年、鬼怒川沿岸に桑苗(くわなえ)を植え、翌年蚕の育成を手がけました。そして明治4年、製糸試験場を設立し、翌5(1872)年には蚕の卵の改良に着手しました。やがて、生糸生産が軌道にのると「大嶹商舎(おおしましょうしゃ)」と称し、ここでつくられた生糸や蚕種(さんしゅ)などが海外の博覧会で高い評価を受けました。大嶹商舎で生まれた生糸は、栃木県のみならず、国内の産業の近代化に貢献したのです。

関連施設(時間・料金などは、変更することがございます)

大谷資料館
住所:宇都宮市大谷町909
電話番号:028-652-1232
オープン:9時〜17時(入館は16時半まで)
クローズ:年末年始(12月28日~1月1日)
入場料:大人(高校生以上)700円(600円)小人(中学生まで)350円(300円)※()は30名以上の団体料金
石井河岸菊池記念歴史館
住所:宇都宮市石井町2287
電話番号:028-661-8303
オープン:9時〜17時
クローズ:9時〜17時
入場料:-
佐野市郷土博物館
住所:佐野市大橋町2047
電話番号:0283-22-5111
オープン:9時〜17時(入館は16時半まで)
クローズ:月(祝休日は開館)、祝休翌日(土日の場合は開館)、毎月末日、年末年始 ※臨時休館日あり
入場料:無料(企画展開催時は有料
足利市まちなか遊学館
住所:足利市通1-2673-1
電話番号:0284-41-8201
オープン:9時〜18時
クローズ:第3月曜(祝休日の場合は開館、翌日休館)、年末(12月29〜31日)
入場料:第3月曜(祝休日の場合は開館、翌日休館)、年末(12月29〜31日)
那須野が原博物館
住所:那須塩原市三島5-1
電話番号:0287-36-0949
オープン:9時〜17時(入館は16時半まで)
クローズ:9時〜17時(入館は16時半まで)
入場料:月(祝休日は開館)、年末年始 ※臨時休館日あり
NPO法人 足尾歴史館
住所:日光市足尾町松原2825
電話番号:0288-93-0189
オープン:10時〜16時
クローズ:月(祝休日の場合は開館。翌日休館)
入場料:月(祝休日の場合は開館。翌日休館)